So-net無料ブログ作成

白をつなぐ [本]


白をつなぐ

白をつなぐ

  • 作者: まはら 三桃
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: 単行本

 まはら三桃さんによる,都道府県駅伝の小説。

 一月に広島で開催される都道府県対抗男子駅伝。
 県を代表して,中学生から社会人までの幅広い年齢の選手が,故郷の県のために襷をつなぐ。
 それぞれの選手,コーチ,監督が,それぞれの思いを抱いて走る。

 駅伝,めっちゃいいですよ。
 物語としては,誰が主人公というわけでもなく,それぞれの視点で,それぞれの思いを走りに昇華させる。それは駅伝を走った選手だけに限らず,補欠,コーチ,監督,それぞれの思いを持って,一本の襷をつなぐ。
 この中の誰もが主人公であり,群像劇だなというのは感じました。

 福岡県代表のチーム,中学生の山野海人,佐々木和,斎藤湊,高校生の沢田瞬太,谷山林太郎,川原大貴,大学生の水島颯,実業団の吉武弘一。そして監督の熊沢速一,コーチ澄川佑太,小野仁。
 場面ごとに,それぞれの人物の思いがつながっていくんだと感じました。
 そして,物語全体を「白」がつないでいます。

 やっぱり,ほとんど恋愛要素のない男子の群像劇って好きかも。
 登場人物の一部にちょっとだけ恋愛要素あります。でもほぼ走っています。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。